■誰も知らない吃音の「正体」とは・・?

“ある事実”に気付いた事。

それが、私が吃音を改善できた最大の理由です。

はじめの方でも同じ質問をしたと思うのですが、あなたは、吃音というのは何が原因だと思いますか?

少なくとも、身体的な問題ではないという話でしたよね。

それで、精神的(心理的)な問題だと言えばそうなのですが、それだけ言っても「だから何だ?」という話になるだけで一歩も前には進みません。

答えを言いますね。

吃音の正体は、“人間の認識システム”です。

この“人間の認識システム”が、「どもり」という症状を引き起こしているのです。

「認識」と言っても、気にしなければいいとか、そういう単純な話ではありません。

自分では普段意識すらできない、しかし、身体に直接的な影響をガンガン与えてくる、人間の“脳”特有の“潜在意識”の話です。

たとえば、今あなたに欲しい車があったとして、街を走行していたり歩いていたりすると、やたらその欲しい車が目につくような経験がありませんか?ベンツが欲しいと思った瞬間に街中ベンツだらけに見えるようになった、というあれです。

別に車じゃなくても、時計でも携帯電話でもラーメンでも何でもいいのですが、何かを欲しいと思った途端、テレビのCMや、雑誌の表紙、街頭のポスターなどでやたら目にするようなったという経験があると思います。

吃音というのは、簡単に言うとこういう現象です。

「肩こり」という言葉を知った途端肩こりになってしまった、という話は有名ですが、吃音も原理は同じです。

「私は吃音だ」「私はどもる」「私は言葉に障害を持っている」という認識が、結果的に脳に「どもれ」という命令を送り、そして現実にどもりを引き越していたのです。

先にどもりという現象があって、「私はどもりだ」と後から思っているわけではありません。「私はどもりだ」という認識が先にあって、その後に“どもり”という現象が待っているのです。


あっ!ちなみに

非吃音者にとって、“どもる”ということに対する認識は、あなたの(吃音者の)

それとは全く異なります。

あなたにとって、吃音は紛れもない「悪」だと思います。

プライドをズタズタにされ、人間関係も壊され、仕事を邪魔され、チャンスを奪われ、チャレンジの機会すら奪われ…あなたにとって吃音は人生を滅茶苦茶にするだけの、忌むべき存在だと思います。

究極に恥ずかしくて、おぞましい、絶対に吃音者だとばれてはいけない、そんなふうに思っていると思います。

でも、非吃音者にとっての“どもり”は、別に悪でもなんでもないのです。

ただ、しゃべってる途中で言葉につっかえたとか、緊張し過ぎで噛んだとか、ただそれだけの事なんです。

つまり、あなたがいくらどもろうが、周りの人間にとっては、「あ、噛んだ」と思うだけで、それ以上でもそれ以下でもない。

乱暴な言い方をすれば、あなたがどもる事なんて「別にどーでもいい」と思われている、ということです。


もっと詳しく見てみる
↓↓
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム〜重度でも6週間以内に克服する方法〜



【サイトマップ】

あなたの吃音(どもり)人生にピリオドを打つ日です

残念ですが吃音(どもり)は治りません

あなたは自ら吃音を強化(悪化)させています

「1兆分の一」の奇跡

自分のことを「身体障害者」だと思っていました

吃音(どもり)に殺されかけました

すべての努力は実ることなくむしろ悪化を招いて

ある出会いが吃音人生にピリオドをうつきっかけに

吃音(どもり)が改善されるとは一体どんな感覚なのか

誰も知らない吃音の「正体」とは?

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム教材内容

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
<トップページへ>



(C)【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム〜重度でも6週間以内に克服する方法〜

[←戻る]