■自分のことを「身体障害者」だと思っていました

クソっ!なんで「あ」が言えないんだ!「あ」がっ!


…こんな、普通の人が聞いてら「何言ってるんだこいつ…」と変な目で見られてしまうようなことを、毎日毎日、何度も何度も、心の中で叫んでいました。


「もっとゆっくりしゃべりなさい」

「もっと落ち着いてしゃべりなさい」


これまでの人生で、何度この言葉を言われたでしょうか。

しかし、吃音はそんな単純な問題ではありません。

どんなに落ち着いて喋っても、どんなにゆっくり喋っても特定の言葉が言えず、その後ひどく息苦しくなります。深呼吸をしないと倒れてしまいそうなくらい呼吸が苦しくなります。

その度に、何度も涙をこぼしそうになりました。


私は現在30歳ですが、物心のつく4、5歳くらいから、改善する25歳までの約20年間、この問題と共に生きてきました。

周りの人間と明らかに違うので、自分は何か原因不明の奇病に侵されているんだと、言語に関する障害を持つ身体障害者なんだと、そう信じるようになっていました。


もっと詳しく見てみる
↓↓
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム〜重度でも6週間以内に克服する方法〜



【サイトマップ】

あなたの吃音(どもり)人生にピリオドを打つ日です

残念ですが吃音(どもり)は治りません

あなたは自ら吃音を強化(悪化)させています

「1兆分の一」の奇跡

自分のことを「身体障害者」だと思っていました

吃音(どもり)に殺されかけました

すべての努力は実ることなくむしろ悪化を招いて

ある出会いが吃音人生にピリオドをうつきっかけに

吃音(どもり)が改善されるとは一体どんな感覚なのか

誰も知らない吃音の「正体」とは?

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム教材内容

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
<トップページへ>



(C)【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム〜重度でも6週間以内に克服する方法〜

[←戻る]