クラスのあいつ。
********
[高校1年4月](1/15)
********




陽気なひだまり。



穏やかな春の日。




4月7日といえば、決まってるよね。




「皆さん、ご入学おめでとうございます!!」



教卓に立つ中年女性が、緊張感溢れた引きつった笑みでそう言った。



そう、入学式。



今日、私は晴れて高校生になりました。



真新しいブレザー。



カッターシャツの袖口が手首にさっきから触れて、こそばゆい。




私達の担任教師は女性で、


腰までのロングヘアーに丸いメガネ。



今年から赴任してきた先生らしい。



外見とのギャップはまるでない家庭科の教師。



「今日から皆さんは、この桜川高校1年C組の仲間として、共に3年間過ごします。


えっと、私の自己紹介がまだでしたね!


私は、宮田 美智子。


よろしくね!!」



教室は静けさに包まれたままだった。



拍手とかしたいけど、まだ知り合って数時間の面々。



お互いがどこまでさらけ出していいのか分からないといった感じ。



宮田先生は少し顔を赤らめて、小さく咳払いをした。


2
********
BACK[*]|[#]NEXT
********
⇒しおり挿入
作者近況報告お知らせ→Real
/514 n
********
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook
********
********
[BACK]